いまさら聞けない?ホワイトニングって何なの?

 

「ホワイトニングってよく聞くけど、どこでどうやっていくらかかるの?」と思ったことはありませんか。そもそもホワイトニングとは、歯の内部に染み込んだ汚れを特殊な薬剤を使って漂白するということです。茶渋が付いたマグカップが漂白剤で真っ白になりますよね。あれと同じ原理です。  しかし、ホワイトニングと一言で言ってもたくさんの種類と方法があります。

今回は薬局やインターネットで購入できる市販のホワイトニングと歯医者さんのホワイトニングの違い、お互いのメリット・デメリット・金額を紹介します。

1.薬局・インターネットで買えるホワイトニング

 

1-1 特徴

 まず、大前提として薬局やインターネットで購入できる商品は歯の内部の汚れを漂白するものではなく、歯の表面の汚れを落とす商品です。厳密に言うとホワイトニングでなく、クリーニングです。これには理由があり、日本の法律でホワイトニングに使う薬剤は歯医者・歯科衛生士など有資格者だけに限られているからです。

歯の表面の汚れを落とせば歯が白くなったと感じることもできますが、元々の歯の色以上に白くなったり、歯の内部の汚れを落とすことはできません。

1-2 メリット

 歯医者に行かなくても自分のタイミングでホワイトニングが安価にできます。市販のほとんどの商品が10,000円以内で手に入ります。また、歯医者さんで何度も予約を取らなくても自分のペースで続けられる為、途中で挫折するということはありません。

1-3 デメリット

 前記したとおり市販の商品には歯を漂白する薬剤が入っていない為、歯の表面の汚れを落とすのが限界です。元々の歯の色以上に白くなったり、歯の内部の汚れを落とすことはできません。

2.歯医者さんのホワイトニング

 

2-1 特徴

 歯医者さんでのホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと歯医者さんの指導のもと患者さんの家で行うホームホワイトニングがあります。また、両方を併せて治療することもできます。

2-2 メリット

 歯医者さん専用のホワイトニング薬剤を使うので、歯の内部に浸透した着色も落とすことができ、市販のホワイトニングよりも効果を実感できます。また、ホワイトニングを行う前に歯のチェックをしてもらえるので、虫歯などにも早く気付くことができます。せっかく歯を白くしても虫歯などになっていたら台無しですよね。

2-3 デメリット

 1回の治療費が15,000円~50,000円で、市販のホワイトニングに比べると高い。歯医者さんに通わなければならないので時間の制約がある。

3.まとめ

 市販のホワイトニングの中には歯の表面の着色を落とす、もしくは着色しづらくする効果があるものの、ある一定以上は白くすることが難しいです。歯を白くしたいのであれば安いからといって市販品で妥協するのではなく、専門の知識と技術を持った歯医者さんでホワイトニングしてもらうのがおすすめです。

時間がない方もホームホワイトニングで治療を受けられるので一度歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。正しいホワイトニングで美しい歯を手に入れて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました